不動産Q&A

 

【不動産購入時】

Q1.自己資金が少ないけど、購入できますか?

  A:できます。
     自己資金は、物件の購入の「頭金」や「諸費用」に充当しますが、当社では
        物件価格+諸費用(物件価格の110%)ローン が可能です。
     又、中古物件を購入の場合は、
        物件価格+諸費用+リフォーム代(物件価格の120%)ローン もございます。

Q2.購入を決めてから入居までの期間は何日くらいかかりますか?

  A:住宅ローンをご利用の場合、約1ヶ月くらいです。

Q3.購入申込みの時、お金は必要ですか?

  A:いりません。
     売買契約時の手付け金支払いの時に、初めてお金をご用意いただきます。

Q4.買換えの場合、売却と購入はどちらを先にした方が良いですか?

  A:ケースバイケースです。
     売却物件に住宅ローンの残債がある場合、住宅ローンを同時に2本組むことはでき
    ません。既存のローンを完済してからとなるので 売却先行 となります。
     売却物件に残債がなく自己資金にゆとりがある場合、売却をじっくりできますので 
    購入先行 が良いでしょう。

Q5.広告チラシ等で「駅から徒歩○○分」とは、実際はどれくらいの距離ですか?

  A:1分80mで換算しています。
     例:徒歩10分 10×80=800m
       徒歩15分 15×80=1200m

Q6.広告チラシ等の「S」サービスルームってどんな部屋ですか?

  A: 納戸 のことです。
     通常は3帖以下の部屋、窓の無い部屋を言います。広さが3帖以上あっても窓が
    無い場合は、「S」サービスルーム扱いとなることがあります。

Q7.不動産の売買契約にも「クーリングオフ」はありますか?

  A:あります。
     但し、「クーリングオフ」が適用されるのは、次の2つの条件を満たしている場合に
    限ります。
     1.業者が売主となる宅地建物の売買契約で、取引相手が業者以外の者であること。
     2.通常の取引場所(事務所等)以外で契約が行われた場合。
    尚、次の場合は「クーリングオフ」ができなくなります。
     1.業者が申込者に「クーリングオフ」できる旨を書面告知してから8日経過した時。
     2.買主が物件の引渡しを受けて代金の全額を支払った時。

Q8.競売物件を購入することができますか?

  A:できます。
     現在では、業者以外の一般の方もかなり多く参加しています。入札制ですので購入で
    きる確率は余り高くはありませんが、通常より低価格で購入出きる場合があります。


【不動産売却時】

Q1.物件を売却するときの費用は、どれくらいかかりますか?

  A:下記のものがかかります。
    1.仲介手数料
      売却価格×3%+6万円+消費税
    2.印紙税
      売買契約書に添付します。(印紙額は売買価格にて変わります)
            売 買 価 格         印紙額
        100万円超   500万円以下    2,000円
        500万円超  1,000万円以下   10,000円
       1,000万円超  5,000万円以下   15,000円
       5,000万円超     1億円以下   45,000円
    3.抵当権抹消費用
      住宅ローンの抵当権が設定されている場合は、住宅ローンの支払いが終了し完済さ
      れていても抹消手続きは必要です。1件に対して、2~3万円位です。

Q2.チラシ等の広告には別途費用がかかりますか?

  A:かかりません。
     但し、お客様からのご要望により、特別な広告を実施したい場合は、ご負担いただく場
    合はございます。

Q3.売却物件に住みながらの売却は可能ですか?

  A:可能です。
     多くのお客様が、お住まいになりながら売却をされています。

Q4.購入物件が決まらない前に、自宅売却が先に決まってしまったらどうなるのですか?

  A:こうしなければいけないという決まりはありません。
     買主様に引渡しを待っていただく場合、売却金額によっては仮住まいをした方が良い
    場合等いろいろなケースが考えられます。買換えはタイミングが重要ですので、事前に
    十分ご相談下さい。

Q5.ご近所には売却を知られたくありません。そんな売却可能ですか?

  A:可能です。
     売却広告等、売却活動内容を事前に十分相談させていただきます。もし、限られた活
    動になってしまいますと、成約期間が多少かかる場合があります。

Q6.売却依頼後事情が変わり、売却を取りやめることはできますか?

  A:できます。
     原則として媒介契約期間は最長3ヶ月ですが、途中でも可能です。

Q7.その(Q6)場合、仲介手数料は・・・・・?

  A:かかりません。

Q8.売却後「確定申告」は必要ですか?

  A:必要です。
     「確定申告」は、売却した年の翌年になります。
     

【住宅ローン】

Q1.住宅ローンは何歳まで組めますか?

  A:80歳の誕生日まで組めます。

Q2.住宅ローンの期間は何年間ですか?

  A:最長35年間です。

Q3.転職してまだ日が浅いのですが・・・・・?

  A:組めます。
     原則として 信用金庫は勤続3年以上 銀行は勤続1年以上 ですが、転職後1年未
    満の方でも組めた方がたくさんいますのでご相談下さい。

Q4.「契約社員」では住宅ローンは組めませんか?

  A:組めます。
     金融機関によって差はありますが、「契約社員」「派遣社員」ではだめと言うことではあ
    りません。正社員でなくとも、安定収入が継続してあれば大丈夫です。

Q5.「自営業者」は、住宅ローンを組みずらいそうですが・・・・・?

  A:大丈夫です。
     納税額を抑えるために、申告額を極端に低くしている場合を除いて問題はありません。

Q6.現在住宅ローンを組んでいますが、さらに組むことはできますか?

  A:原則的には、2本の住宅ローンは組めません。
     ご年収や購入物件の理由によっては可能です。ご相談下さい。

Q7.車のローンやキャッシング、そのほかにもローンがあるのですが・・・・・?

  A:組める方法は多々あります。
     組める基準は、年収と現在のローンの年間負担額から判断します。金融機関によって
    判断基準が違いますので、まずはご相談下さい。